FC2BBS 7914


総悟へ

1:香奈 :

2017/06/19 (Mon) 23:24:47

………

(昼過ぎ、香奈は予約していたテニプリを見ていたも
真剣な表情でテレビを見ていて)

………
172:総悟 :

2017/07/24 (Mon) 22:39:22



……

(と、総悟の中ではモヤモヤとしてしまっていたも
香奈との約束を思い出しあまり気にしないようにはしていて)


「きゃーー!宍戸さまーー!」

「長次くーーん!」

(と、2人にもファンがおり次第に試合は始まると黄色い歓声が上がって)

「はっ!」

「やぁっ…!」

(と、2人はダブルスでテニスをしていたも
試合の流れは圧倒的で)


……ふーん
やっぱ上手いんだ

(と、総悟もその様子を見ていて)
171:香奈 :

2017/07/24 (Mon) 00:03:17

……うん、そうだね…

(手を払いのけられ、怒ってると思ったのか、
沖田から少し離れて座るも気まづそうにしていて)

………総悟、やっぱり…帰って…
(と、小さく呟いて)
170:総悟 :

2017/07/23 (Sun) 23:46:52



……


(と、総悟は香奈の表情を見過ごさずにいたのか
パシッと香奈から手を離すと、自分だけで応援席の方へと向かって歩いて行き)


……良かったなぁ
きっと、いい試合するぜぃ

あの2人

(と、総悟は1人先に席に着くも
内心では嫉妬しながらコートの方を見ていて)
169:香奈 :

2017/07/23 (Sun) 23:23:36

うん、2人とも頑張って

(頭をポンポンされるも、少し照れたような
表情をしていたが、沖田に見られないようにうつむき)

よし!総悟!ベンチに座って応援しよ!
(と、嫉妬してるであろう沖田の手を握ると
ベンチの方へ歩いて行き)
168:総悟 :

2017/07/23 (Sun) 23:17:18



「おう!ちゃんと見ててくれよな
お前にカッコ悪いところは見せたくねぇし…」

「本当ですね、 沖田さんもせっかく来ていただいたんですから」

……

(と、総悟は、2人が香奈と親しい様子なのを笑顔です見ていたも
その笑顔こそ怖いもので 笑)


「じゃあ、俺たちは先に行ってるな?
他の連中も来るはずだから…せっかくだから注目して見といてくれ」

(というと、宍戸はポンポンと香奈の頭を叩きその場を去って行って)



……
167:香奈 :

2017/07/23 (Sun) 23:04:53

……

(笑顔が逆に怖い…と内心思いながらも沖田を
見ていたが、宍戸と鳳を見て)

今日の試合、頑張ってね!
応援たくさんするから!
166:総悟 :

2017/07/23 (Sun) 22:52:18



……

(と、総悟は宍戸が香奈のことを呼び捨てで呼んでいる事が
気にくわないのか笑顔を見せずにいたが
ふと表情が緩んで)


……沖田総悟です

今日は、お二人のテニスを楽しみに来ました
どうぞよろしく

(と、総悟は笑みを浮かべながら2人に握手を求め 笑)


「こちらこそ…よろしくお願いします!
剣豪の沖田さんにお会いできるなんて、光栄です」

(と3人は打ち解けたように握手をしていたも
香奈には、これでいいんだろ?という極悪人の目で見ていて 笑)
165:香奈 :

2017/07/23 (Sun) 14:38:44

……総悟、挨拶…
(2人を見ている沖田につつきながら名前を呼び)

総悟、帰る?
164:総悟 :

2017/07/23 (Sun) 14:16:11



「こんにちは… 始めまして!
俺、鳳長次と申します。真選組の沖田さんですよね?」

……

「よろしく、俺は宍戸亮介だ
香奈とは偶然道端で会って、仲良くなったんだ」

(と、本当は初めてではなかったが 笑
2人が総悟に挨拶をするも総悟は何やら黙ったまま2人を見ていて 笑)
163:香奈 :

2017/07/23 (Sun) 13:52:24

助けに行かなくても来ると思うよ
ほら…

(と、かき分けてくる沖田を見ていたが宍戸と鳳と
いるためか、女子の視線はさらに痛くなり)

………
162:総悟 :

2017/07/23 (Sun) 13:26:43



「そうだったのか… てか、行かなくていいのか?
彼氏、すげぇことになってるぜ?」

「すごい人気ですね…」

(と、総悟は相変わらず女子たちに囲まれていたも
香奈が2人に合流したのに気づいたのか

総悟はそちらを見ていて)


くそっ…
ちょっとごめんね… 俺あっちに用事があんの

(と総悟はそう言うと女子の壁をかきわけ歩き出して)
161:香奈 :

2017/07/23 (Sun) 12:43:03

あ、ぁあ…あの群れね…
中心にいるのは総悟、行くって言われて…
目立つから来なくていいって言ったのに

(逆に自分が嫉妬しそうなためか、少なからず
嫉妬していて)
160:総悟 :

2017/07/23 (Sun) 12:18:49



ちょっ… おい!

(と、総悟は女子に囲まれながらも
香奈がそこから離れていくのに気づき戻ろうとするが女子たちはそれを許さずにいて 笑)

「よう、来たな!
見てろよ…試合勝ってやるから」

「香奈さんが応援に来てくれたんなら、頑張らないといけないですね!」

「ってか、なんだ?あの群れ…」

(と、宍戸たちも女子たちからの黄色い声援を浴びている総悟に気づいて 笑)
159:香奈 :

2017/07/23 (Sun) 11:45:34

あ、亮助君!長次君!

(2人を見つけると、沖田をそのままに2人の
元にいき)

探しだよ!ここ広くてさ
(と、2人を見つけ安心したようで)
158:総悟 :

2017/07/23 (Sun) 08:37:18



……あのなぁ、好きでこんな状態になってる訳じゃ…っ

「沖田さん!テニス始めてですか?」

「なら私たちと一緒にしましょ?ね?」

「ずるーい、私もやる!」

(と、女子たちは総悟を囲みながら身動きが取れない状態で板も 笑
向こう側の入り口からは2人見知った姿が現れて)


「お?香奈じゃねぇか… 約束通り見に来てくれたのか?」

「香奈さーーん!」

(と、そこにいたのは宍戸と鳳で)
157:香奈 :

2017/07/22 (Sat) 23:31:49

総悟、逆に目立つから帰った方がいんじゃない?
ほら、試合してる人も集中できなさそう

(と、試合してる人は何の歓声か気になりながらテニスを
していて)

うちは大丈夫だから、帰ってもいいよ?
(目立つから帰れと言いたいのもあるのか 笑
前だけ見て歩いていて)
156:総悟 :

2017/07/22 (Sat) 23:27:22



…まだ着いてねぇみてぇだなぁ

(と、総悟は周りを見回していたも
少し離れた場所には女子たちの集まりがあり)

「きゃっ こっちみたー!」

「やっぱりそうだよ、真選組の沖田さんだって!」

「あの~… テニスされに来たんですか?」

(と、総悟の近くにはあっという間にその女の子たちが集まってきていたも
総悟もなんだか煮え切らない態度でいて 笑)


…遊びじゃねぇよ
さっさと失せろこの雌ブタ

「「キャーーー!!」」

(と、何故か総悟の一言に歓声が上がっており 笑)
155:香奈 :

2017/07/22 (Sat) 23:13:02

ん……
(沖田に振り向かせられ、キスされるも瞳を閉じ)

絶対、ね…
(と、沖田と約束をし)

【次の週の日曜日】

確か、この辺りだったんだよね…
試合場所
(と、沖田と宍戸と鳳の試合に来ていたのか、
人が多いため迷っていて)
154:総悟 :

2017/07/22 (Sat) 23:00:30



……そんなこと、
させねぇよ…

(と、総悟は香奈の表情に目を丸くするも

クス…と笑い呟くと
香奈をこちらにむかせ優しくキスをして)

……
153:香奈 :

2017/07/22 (Sat) 10:07:55

うちのこと、嫉妬するくらい好きでしょ?
だから、言わなそうかなって

(と、沖田の方を向くもニコッと笑い)

総悟が別れてほしいなら別れるよ…
152:総悟 :

2017/07/22 (Sat) 06:56:28



……別にいいけど

なんなら… 逆に俺に別れないで…なんてしがみつかねぇでくれよ

(と、総悟はふと呟くも視線を背けて)

そんな様子を見て、逆に俺が別れを切り出す可能性がないと
どうして言い切れるんでぃ?
151:香奈 :

2017/07/19 (Wed) 00:03:09

今さっき嫌なことしたばかりな口が言う?

(と、疑うように背を背けてしまい 笑)

約束、守らなかったら別れるからね
150:総悟 :

2017/07/18 (Tue) 23:08:26



……言、わねぃ

(と、その返事もすこし躊躇してしまうも 笑
説教する香奈に目を向けて)


…俺のこと、信じてくれねぇんですかぃ?
あんたが嫌なことはしやせんよ…

(と、どの口が言うのかそう話していたも真剣な表情でいて)
149:香奈 :

2017/07/17 (Mon) 23:37:47

あと、2人に嫌味言ったりしちゃダメだからね
分かった?

(と、沖田を説得するように話し)

総悟、すぐ嫉妬するんだから
(と、いつの間にか説教していて 笑)
148: :

2017/07/17 (Mon) 23:18:17



……ヤ、らねぇ

約束しまさぁ

(と、総悟はどこまで香奈が警戒しているのかとその言葉で悟るも 笑
そう約束してまで、香奈の様子を見ていたくて)


…場合によっちゃあ、
わからねぇがな…

(と、総悟は1人小さく呟いて)
147:香奈 :

2017/07/17 (Mon) 23:04:53

え?側にはいるよっ
でも、自由行動はありでしょ?

(きょとんとしてしまうも 笑
沖田がついて来ると言うと嫌そうな表情で 笑)

…嫉妬しない?怒らない?ヤらない?
それ、約束するなら付いてきていいよ
146: :

2017/07/17 (Mon) 22:26:58



……今、俺が言ってたこと聞いてやしたかぃ?

(と、総悟は香奈の言葉に耳を疑うも 笑
複雑そうに髪をかいていて)

……なら、俺も付いていきまさぁ
それなら許す

145:香奈 :

2017/07/17 (Mon) 18:12:41

ん、分かった…総悟の側から離れない…
でね、来週に宍戸君と鳳君の試合があるから行って
いいかな?

(と、行く気なのか、沖田に伝えて)
144:総悟 :

2017/07/16 (Sun) 05:20:52



……

(と、総悟は香奈の言葉を黙って聞いていたも
ふと体を離すと寂しげな目で香奈を見つめ)


……俺のそばを、
離れないで…

(と、呟くと今度はゆっくりと優しいキスをして)
143:香奈 :

2017/07/14 (Fri) 23:36:47

…うちは総悟から離れていかないから大丈夫だよ…
不安なったら甘えればいいよ…
なんかしてたら構ってあげれないけどさ…

(そう言うと、沖田の方に振り返り)

まだ怖い?
142:総悟 :

2017/07/14 (Fri) 23:32:27



…あぁ

(と、総悟は怖いと言われ反省していたも
ぎゅ…と無意識に香奈を抱きしめる力が強まり)


……不安なんでぃ

お前が他の男と仲良くしてるのが
気に食わねぇ

あんたを失うことが…
怖いんでさぁ

(と、総悟はミツバと重なるのか
香奈を離さまいとしていて)
141:香奈 :

2017/07/12 (Wed) 00:20:29

……大丈夫…嫌いになってないよ…
でも、急に怒ったりしないでね?
総悟、怖いんだから

(と、ハッキリ言うも 笑
寂しげに抱きしめる沖田の手に触れ)

大丈夫…うちは、ずっと総悟が好きだから…
140:総悟 :

2017/07/12 (Wed) 00:08:02



……


ごめん…


(と、総悟は香奈の言葉に、素直にそう謝るも
ぎゅ…と香奈ことを寂しげに抱き締めていて)


…嫌いに

なってねぇか…?

(と、その声も小さいもので)
139:香奈 :

2017/07/11 (Tue) 22:41:02

………

(香奈は沖田の言葉を聞いていたが、後ろから抱きしめ
られるも、沖田を見ずにいて)

……酷いことして、ごめんなさいは?
138:総悟 :

2017/07/11 (Tue) 21:46:02



……俺にはお前しかいねぇ

お前しか見えねぇし…
抱きたいと思うのも、お前だけだ


(と、総悟は無意識に嫉妬していたも
香奈の胸から手が離れると、ふと香奈を後ろから抱きしめて)


……

….他の男と仲良くしてるとこなんて
見たくねぇんだよ…




137:香奈 :

2017/07/11 (Tue) 20:49:35

っ……総悟、嫉妬ばかり、するからやっ…
すぐ、怒るっ…

(と、乳首を触られ揉まれるも反応しながらそう
言うが、自身をソコに当てられ入れさせないよう
腰を動かし)

入れようとしないでっ…
136:総悟 :

2017/07/11 (Tue) 18:47:29



…って言いながら、乳首勃ってるけど?
何これ…

(と、総悟は香奈の乳首を指で触りながら揉んでいたも
再び反応している自身を香奈のそこにあて始めて)


…嫌いですかぃ?
俺のこと…

(と、他の子を探せという香奈に何やら反応したのか
耳元で囁き)
135:香奈 :

2017/07/10 (Mon) 00:03:00

も、ダメ…疲れたし、ヤらないっ…
他の子、探してっ

(と、香奈は香奈で疲れているのか、嫉妬してる沖田に
まだ不満そうにしていながら、首筋に吸い付かれ、
後ろから胸も揉まれるも反応していて)
134:総悟 :

2017/07/09 (Sun) 23:57:12



…っ…!

(と、香奈の締め付けと同時に総悟も達するが
中出ししてから
香奈を抱きしめその場に寝そべって)


……


可愛かった…


でも…… まだ… 足りねぇ

(と、総悟は香奈の首筋に吸い付きながら
後ろから胸を揉んでいたも、やはり嫉妬心がそうさせていて)
133:香奈 :

2017/07/09 (Sun) 23:35:33

あっ、激しっ…!
そ、ご……ん、あぁっ!

(良い場所を激しく突かれ、クリを早めに撫でられる
と、自身を強く締め付け達してしまい)

はぁっ……ん、っ…

(と、ぐったりしていて)
132:総悟 :

2017/07/09 (Sun) 23:29:57



……イっちまいねぇ
俺しかいねぇんだから…

壊れてみろよ

(と、総悟は香奈の額にキスをするも
そのまま腰を叩きつけ、香奈のいいところばかりを強く突き上げながら

同時にクリを指で早めに撫でて)
131:香奈 :

2017/07/09 (Sun) 22:42:42

っあ!ま、って、それ、2本目っ!
ひぁっ…!

(2本目の媚薬を見てしまうも、結合部に垂らされ、
激しく抜き挿しされると再び達しそうになり)

やぁっ…!またイっちゃ…!
130: :

2017/07/09 (Sun) 19:03:16



いい眺め…
もっと鳴けよ

(と、香奈と自分の結合部分に再び小瓶を取り出し
媚薬を少し垂らすと
それを指でならしながら自身を激しく抜き差しして)
129:香奈 :

2017/07/09 (Sun) 09:36:48

っ……?んぁっ!

(沖田に四つん這いにされ、腕を引っ張られるも、
自身を入れられるも締め付け)

あっ…そ、ご…
128: :

2017/07/09 (Sun) 01:37:41



っ……

(と、香奈の締め付けに我慢できず総悟も達すると
中に欲望を出すも、

一度自身を抜くと香奈を四つん這いの状態にして)


……まだ、足りないよね?

(と呟くと香奈の片腕をこちら側に引っ張りながら
そこに再び挿入し動き出して)
127:香奈 :

2017/07/09 (Sun) 01:22:35

ひぁっ、やっ…!
変になっ…っぁあ!

(中をがんがん突かれ乳首に吸い付かれ、クリを
刺激されると、自身を強く締め付け達してしまい)

はぁっ……はぁ…
126:総悟 :

2017/07/09 (Sun) 01:17:01



っ…
イけよ…

(と、総悟はその締め付けに表情を歪めならも
中をがんがん突き、乳首に吸い付きながらクリを繰り返し刺激して)
125:香奈 :

2017/07/09 (Sun) 01:06:43

あっ、や…!激しっ、んっ…!

(良い場所を突かれだし、沖田の本音が聞こえるも、
クリも刺激されると達しそうで)

はぁっ……イっちゃ…!
124:総悟 :

2017/07/09 (Sun) 01:01:49



そこか…

(と、自分で腰を動かす香奈にニヤリと満足げに笑っていたも腰を掴みそこを深く突き始めて)


っ… くそ気持ちい…
もっとお前が欲しい…

(と思わず本音が出てしまうも、
総悟もそのことに気づかないまま腰を打ちつけ
クリを指で刺激して)
123:香奈 :

2017/07/09 (Sun) 00:55:07

っひ、ぁ…っあ!!
ここっ……

(と、良い場所に当ててくれない沖田に自分で腰を
動かすが良い場所に当たるとギュッと自身を締め付け)

や、激しっ、ひぁっ…!
122:総悟 :

2017/07/09 (Sun) 00:45:08



…そこって、どこ?

(と、総悟は未だに違うところを打ちつけていたも
乳首を指ではさみ優しく刺激しながら胸元に痕をつけて)


……腰動かして、自分で
そうじゃねぇと分からねぇよ

(と言いながらも出し入れは激しく行なっていて)
121:香奈 :

2017/07/09 (Sun) 00:35:07

っぁ、ん…っ…

(腰を打ちつけられ、声が漏れるも、良い場所には
当たらず、胸の揉まれ、乳首を刺激されるもピクピク
反応するが、物足りなそうで)

そこ、違っ…
120:総悟 :

2017/07/09 (Sun) 00:26:34



気持ち…

(と、締め付けが強い香奈に無意識にかそう呟くも
腰を打ちつけながらもわざと香奈のいいところは突かずにいて)

ほら… 鳴けよ
希望通りいれてやったんだから…

(と、耳元で囁きながら手では香奈の胸を揉み指で乳首を刺激していて)
119:香奈 :

2017/07/09 (Sun) 00:06:31

あっ…!
ん……っ…

(中に自身が入り、締め付けていたも、キスされると
締め付けが弱くなり、中に押し込められるも自身を
締め付けていて)
118:総悟 :

2017/07/09 (Sun) 00:02:07



よく言えやした…
(と、総悟はその語尾のニャンにどくんと自身がうずき
そのまま中に腰を埋めていって)


っっ… きつ…

(と、総悟は締め付けが強いそこに
キスをしながらぐいぐいと中へと押し込んで行き)
117:香奈 :

2017/07/08 (Sat) 23:44:36

ん、欲しっ……

(媚薬の効果は続いてるのか、さすりつける自身に
体は欲しがり)

欲しい、にゃん…
116:総悟 :

2017/07/08 (Sat) 23:00:24



……

(と、総悟は達した香奈を見下ろしていたも
ぐ…と香奈の尻を持ち上げ
そこに取り出した自身をさすりつけて)


……これが欲しい?

(と、香奈の姿を見て大きくなったそれを太ももやそこにあてて)
115:香奈 :

2017/07/08 (Sat) 22:19:11

っあ、だ、め…そんなっ…ぁあっ!

(指を激しく出し入れされ、クリと胸を刺激されると
達してしまい)

はぁっ……ん…
114:総悟 :

2017/07/08 (Sat) 21:51:09



…どうせ誰でもいいんだろ?
だから、体は正直じゃねぇか…

(と、良いところを続けて指で刺激しながらその出し入れを激しくして)


……ほら

一回イっちまいねぇ… 楽になりまさぁ

(と、言うとクリをあわせて刺激しながら片方のて手で胸を揉んで)
113:香奈 :

2017/07/06 (Thu) 00:28:17

んっ、あっ…!違っ…
誰でも、いいわけじゃなっ…!

(指を中に入れられ、良い場所に当たるも指を締め付け、
クリに触れられ、耳元で囁かれるも、そう言い)

ん、っ…
112:総悟 :

2017/07/06 (Thu) 00:20:44



…クス

(と、語尾にニャンをつけた香奈に小さく笑うも
満足げにしながら、その指を中にいれ香奈の良いところを突いて)


…俺以外でもいいの?
この相手…

(と、総悟は耳元で囁きながらクリも同時に刺激して)
111:香奈 :

2017/07/06 (Thu) 00:04:42

っ………触って、ほしい……にゃん…


(クリの刺激にピクッと反応するも、
あらす沖田に涙目で…沖田の言葉に
抵抗はあったも、体は欲しがってるため、ニャンを
つけて)
110:総悟 :

2017/07/05 (Wed) 23:58:13



こんなにひくつかせて…

(と、総悟は指でそこを撫でながら呟いていたも
クリを指で軽く刺激し、他の指で焦らすように中に入るか入らないかくらいを触っていて)


…あ、そうだ

語尾をニャンにしなせぇ
じゃなきゃこのまま… ほら、

(と、総悟の目は香奈のおねだりを強制していて)
109:香奈 :

2017/07/05 (Wed) 00:43:37

あっ……違……っ…ん…

(そこに指を這わせられ、キスされ舌を絡ませられる
も、愛駅は流れただ感じていて)
108:総悟 :

2017/07/05 (Wed) 00:32:45



……よく言えやした

(と、香奈の言葉に満足したのかそういうと
香奈のそこに指を這わせ、わざと愛液の音を立てて)

ビショビショ…
よっぽど触って欲しかったのか

(と、真顔で呟いていたもキスをし同時に舌を絡めて)
107:香奈 :

2017/07/05 (Wed) 00:23:07

っ……うちは……総悟の、もの…です…
好きに、してくださいっ

(と、我慢ができなく耐えれなかったが
胸を痛めながらそう言い)
106:総悟 :

2017/07/05 (Wed) 00:17:21



エロい…

…言ってみねせぇ
お前は俺のもんだと
好きにしてくれと


(と、総悟は香奈から言葉を聞きたいのか
もうそれ以上触ることはせず、ただ香奈の体を舐めるように見回していて)
105:香奈 :

2017/07/04 (Tue) 23:44:28

ひぁっ!

(沖田の表情を見ていたが、ソコを指でかすめられる
とビクッと反応するも、愛液が流れ)

っ……
104:総悟 :

2017/07/04 (Tue) 23:39:47



……

(奴隷とは思ってないのか香奈の言葉に一瞬悲しそうにするも
すく…と立ち上がり香奈の足を広げて)


…ここ、そんなにいい?
こんなにひくつかせて…

(と、薬を塗ったそこを指で少しだけかすって)
103:香奈 :

2017/07/04 (Tue) 23:11:18

……はぁっ……はぁっ……っ…

(沖田の言葉を聞いていたが、耐えれないのか足をくねらせていて)

っ……うちは、総悟の…奴隷じゃないっ…
(と、下唇を噛み痛みで誤魔化そうとしていたも、少しだが、血が
流れるも沖田に目を覚ましてほしく)
102:総悟 :

2017/07/04 (Tue) 22:31:39



……怒ってるのはこっちの方なんだけど?

あんたまで俺の元をいなくなんのかよ

(と、総悟は片足をその場に立て、遠くから辛そうな香奈を見ているだけで)

……行かせねぇ
どこにもな…

(と、目を細め低い声で呟くも
総悟は香奈が居なくなることを想像すると嫌なのか
総悟も辛そうにしていて)
101:香奈 :

2017/07/04 (Tue) 00:49:52

っ……煩いっ、馬鹿…どっか行っちゃえ…
(沖田の言葉にムカッとくる余裕もなく、辛そうに
しながら我慢してる様子で)

……まだあの2人と、一緒にいたほうが楽…っ…
総、悟とは…合わないっ…
勝手に、1人で怒って、話聞いてくれないんだもんっ

(と、苦しそうにしながら歯を食いしばり)

………っ、いつもの、いつもの総梧じゃなきゃ嫌だと
100:総悟 :

2017/07/04 (Tue) 00:40:26



…さぁねぃ
今のお前のことは… 信用できねぇかもな

(と、総悟はあぐらをかいたまま離れた香奈を見ていたも
息が荒くなってきたのをまだ黙って見ていて)


……何してんの?
そんなに足絡めて…
99:香奈 :

2017/07/04 (Tue) 00:14:46

違う…色目なんて使ってないっ!

(身動きできないため、全て垂らされ、離れてあぐらを
かく沖田に足をくねらせるが、沖田をにらみ)

総悟はっ…うちが、信用できないんだね…っ…
(辛そうな表情をしながらも、絶対、自分から
欲しがらないと思い)

っ……はぁ……はぁっ…
(沖田から目を逸らし、合わせないように瞳を閉じ)
98:総悟 :

2017/07/04 (Tue) 00:06:50



…他の男に、簡単に色目使ってんじゃねぇよ

(と、総悟は三つ葉の事もあるからか独占欲が強く
香奈が離れていかないようにしたいのか小瓶のそれを全部垂らして)


……

(と、呟くと香奈から離れ、少し離れた場所にあぐらをかきその様子を見ていて)
97:香奈 :

2017/07/03 (Mon) 00:41:34

なんでっ、うち、何もしてないっ!
総悟が勝手に嫉妬してるだけでっ…冷たっ…

(と、小瓶の中身をソコにかけられるも
冷たそうに最初はしていて)
96:総悟 :

2017/07/03 (Mon) 00:34:24



…今の俺が嫌?
なら、これが本来の俺だ… これが嫌なら他んとこ行くんだな

(と、総悟の口調はまだ冷ややかな物だったが
総悟はまだ自身を出さず、持っていたあるものをポケットから取り出して)


……これでしばらく我慢しなせぇ
あんたにはこれくらいの仕置きが必要でぃ

(と、小さな小瓶の栓を抜くと、その液体を香奈のそこに垂らして)
95:香奈 :

2017/07/03 (Mon) 00:18:28

や、だっ…イきたくなっ…ん、っ…
っあ……!

(耳元で呟かれ、指を早められ、胸を吸われると
我慢していたが達してしまい)

っ、はぁ…はぁっ…
っ……総悟の、馬鹿っ…今の総悟、やだっ…
(と、泣いてしまい)
94:総悟 :

2017/07/03 (Mon) 00:08:19



…いい、の間違いだろ?
いい所さすってやってんだから…

…ほら、イケよ

(と、総悟は再び耳元で呟くも指の動きを早めながら音を立て
同時に乳首に吸い付いて)
93:香奈 :

2017/07/02 (Sun) 23:54:44

っあ、そこっ、やぁっ…!

(と、首を横にふり良い場所に当てられクリの刺激に
達しそうで)

そ、ごっ…やだっ…!
92:総悟 :

2017/07/02 (Sun) 23:45:54



淫乱じゃなかったら、何なんでぃ
あの笑顔は…

誰にでもああやって愛想振りまいて… ムカつく

(と、総悟は下着を器用に脱がせると香奈の足を広げ
そこに指を二本入れるといい所を触りながらクリも親指でさすって)


ほら… 鳴けよ
91:香奈 :

2017/07/02 (Sun) 23:33:37

っ……ぁ、違、うっ…

(音を鳴らされ、ソコを撫でられ、クリの刺激に
耐えれず声が漏れるも乳首を刺激され、感じてしまっ
ていたが、沖田から逃げようと逃げ腰で)

違う、淫乱じゃ……ないっ…
(と、冷たい沖田に涙を流し)
90:総悟 :

2017/07/02 (Sun) 23:26:12



違う…?
何言ってるんでさぁ

誰でもこんな風にここを濡らすのか…… あ?

(と、総悟はわざと音を立てながらそこを指で何度も撫で上げ
同時にクリも刺激しながら、乳首を指ではさみ動かして)


淫乱……

(と耳元で囁き)
89:香奈 :

2017/07/02 (Sun) 23:16:12

っ、違う!そんなんじゃないっ…!
(そう言うも、下着の隙間から撫でられると、
声を出さないように我慢していたも、これが
精一杯の抵抗で)
88:総悟 :

2017/07/02 (Sun) 23:02:51



いい声…
もっと嫌がれよ

あいつらがいいんだろ?

(と、総悟の顔は不敵に笑っていたも
目は冷え切っていたが、そこを指で撫で続け下着の隙間から指を入れて)


……嫌々言ってて濡れてやがんのか…
87:香奈 :

2017/07/02 (Sun) 00:38:13

っ、離しっ…キャッ!

(空き家のような場所に入り、押し倒されるも沖田の
言葉に涙目で)

や、ぁ…!
っ、触らないでっ…!
(乳首を舌で刺激され、下着越しで撫でられるも、
ぴくっと反応し)
86:総悟 :

2017/07/01 (Sat) 22:54:16





(と、香奈の様子を見ていたも
そのまま香奈の後ろにあったドアを勢いよく押し

空き家のような場所だったのかそのまま香奈を押し倒して)


…今のお前に、拒否権はねぇよ

(と、呟くと乳首を舌で刺激しながら手を伸ばし下着越しに香奈のそこを指で撫でて)
85:香奈 :

2017/07/01 (Sat) 22:02:27

っ……誰にも、触れられたくないっ…
特に今の総悟にはっ

(と、胸に吸い付かれ、乳首を舐められるも、
唇を噛み、声を出さないようにしていて)

っ、離してよっ…
(助けは呼べないが、体を動かし抵抗し)
84:総悟 :

2017/07/01 (Sat) 18:12:46



…本当ですかぃ?
なら… 誰にこうしてほしいんでさぁ

ほら… 言ってみろよ

(と、総悟は手を止めずにいたも
露わになった胸に吸い付き乳首を舐めながら


今誰か呼んでも…
あんたのこの姿、晒す事になりやすがねぃ…
83:香奈 :

2017/07/01 (Sat) 13:04:26

っ、離してってば!!
それっ、押し付けないでっ!

(それを押し付けられ、顔が赤くなるも、
手錠され、囁かれるも涙目で)

そんなこと、思ってないっ!
82: :

2017/07/01 (Sat) 08:13:29



…呼んでみろよ
現職刑事が人の助けを呼んだなんて話、
聞いた事ねぇがなぁ

(と、総悟はイライラが止まらないのか、独占欲からか
香奈の腕に持っていた手枷をはめ

上で押し付けているとそのまま自身を香奈の太ももにあて
香奈のベルトを外し出して)


…ほんとはこういう事、
あいつらにしてほしい…?

(と、耳元で囁きながら耳の後ろなどを舐めて)
81:香奈 :

2017/07/01 (Sat) 07:41:06

やっ…やだっ…!
離してっ…っ…なんで、そんなに怒ってっ…

(怒ってる沖田がわかるも、胸を揉まれ、吸われると
ピクッと反応していて)

っ、ホントに…人、呼ぶよっ…!
嫌なら離してっ!
80:総悟 :

2017/07/01 (Sat) 07:11:48



男2人に囲まれて… いいねぇ…
そんなに男に困ってんなら、あんたが望んでることをしてやるよ

(と、本気で怒っているのか声色でいたも
口元だけでニヤリと笑うが目は笑っていなく、

下着を上に押し上げ、胸をじかに揉みながらもう一方は吸い付き始めて)
79:香奈 :

2017/07/01 (Sat) 06:48:26

やぁっ…!離してっ…!
そんなの、好きなわけないじゃっ…!

(ボタンを外され、胸元に吸い付かれるも
沖田の肩を押し)

っ、人、呼ぶよっ…!
呼ばれたくなかったら離してっ…!
78:総悟 :

2017/07/01 (Sat) 06:31:21



そんな事… あんたが言える権利ねぇでしょう
見られたり、聞かれたりする事が好きなくせに…

(と、宍戸と鳳に愛想を振っていることを言っているのか
ボタンを上から外していきながら胸元に吸い付いて)
77:香奈 :

2017/07/01 (Sat) 01:15:18

ん…っ、はぁっ……
な、にをっ…

(沖田の言葉に分からなそうだったが、首筋に吸い付かれ
るも、沖田の肩を押し)

嫌っ!やめてっ…誰か来ちゃ…!
(と、場所が外なのもあるが、今の沖田は
嫌なのか、肩を押し)
76:総悟 :

2017/07/01 (Sat) 01:09:05





(と、総悟は止まらないのか深めなキスを続け
時折舌を絡め吸い付くようにしていて)


……


…少しは、
あんたも自覚したらどうですかぃ

(と、呟くと、そのまま香奈の態度など関係なく
首筋に吸い付き始めて)
75:香奈 :

2017/07/01 (Sat) 00:49:43

っ、ただの嫉妬でしょ?
……んっ……!

(腕をを塀に押あてられ、強めのキスから舌を入れ
られるも、嫌がっていて)

っん……
74:総悟 :

2017/07/01 (Sat) 00:43:40



…俺が何を言いたいのか
まだ分かってねぇみてぇだな…

(と、総悟はそんな香奈の様子にイラっとした表情を浮かべるも
腕を塀に押し付けたままキスをして)




(と、押し付けるような強めなキスから舌をいれ始めて)
73:香奈 :

2017/07/01 (Sat) 00:26:43

意味が、分からない…
あの2人は違うよ…名前も違うし、似てるかも
しれないけど…2人は違う
けど、優しい人達だった…

退いてよ…ハンバーグ食べてる途中だったし、
2人に謝らなきゃ
(と、お金も払っていないためか、沖田の顔から目を
逸らし話)
72:総悟 :

2017/07/01 (Sat) 00:21:34



あれはアニメだけの存在だと思ってたから…
ていうか、また戻る気?

(と、戻ろうとする香奈の手を掴むも塀に香奈をそのまま押し付けて)


……


…これ以上あいつらと仲良くするんなら
タダじゃおかねぇですぜぃ

(と、目を細めるも香奈に逃げ場がないようにして)
71:香奈 :

2017/06/30 (Fri) 18:40:08

は?事件ないって…?

(沖田の言葉に不機嫌になるも、沖田の言葉に目を
細め)

何、嫉妬してるの?総悟が宍戸さんとこ行けって
言ったじゃん
総悟もいいの?ナンパ、しないわけ?

(裏道の陰に追いやられるも、沖田から離れようとし)
70:総悟 :

2017/06/30 (Fri) 13:01:20



事件なんてねぇよ

(と、香奈の指摘にそう答えるも
とりあえず2人から香奈を引き離したかったのか裏道の陰に香奈を追いやって)

…お前、見せつけのつもり?
あんな野郎と仲良くしやがって…

(と、総悟は珍しくイラついてる様子でいて)
69:香奈 :

2017/06/30 (Fri) 12:45:14

え?総悟…?
う、うん…2人ともごめんね!
また連絡するから!

(と、香奈は沖田に手を引かれ歩いていき)

総悟、事件てどこで?
68:総悟 :

2017/06/30 (Fri) 11:28:56





(と、総悟は煮え切らない気持ちでそれを見ていたも
す…と店の中に戻っていって)


「うん… 美味しいですね!
香奈さんのセレクトは間違いなかったです」

「こっちも美味いぜ… 中々だ」

(と3人で食事をしていたも、そこに影が差し香奈の腕を誰かがとって)


…おい
業務中に一体何してんだ?

事件だ…急いで現場に向かうぞ

(と、そこには冷え切った目をした総悟がいたも
2人はその様子と服に目を丸くして)


「うわ… 香奈さんと同じ制服…」


すいやせんねぃ… こいつちょっと借りやすよ

(と、総悟は言うと食事をそのままに香奈を引っ張り店の外に出ると歩き出して)
67:香奈 :

2017/06/30 (Fri) 00:19:00

ふふっ……美人なんて、お世辞でも嬉しいっ
ありがとっ
(素直にお礼を言うが、少なからず頬を赤くしながら
2人の連絡先を交換して)

じゃ、ご飯も冷めちゃうし食べよ?
いただきまーす!
(と、お腹空いていたのか、ハンバーグを一口食べ)

ん、美味しい!
66:総悟 :

2017/06/30 (Fri) 00:09:51



「ん?そうか?
じゃあ、俺たちの連絡先も渡しておくな」

(と、宍戸は言うなりその場でメモ帳とペンをとりだし、
それを見た鳳もそれを取り出し始めて)

「じゃあぼくも!
香奈さんみたいな美人さんとお知り合いになれるなんて、
なんだか光栄ですよ」

「あ? なんか今言い方がチャラくなかったか?」

「そうでしょうか」


……


(と、鳳は笑っていたも 笑
総悟は香奈の言葉やその様子にただ黙っていたも嫌悪感が表情に現れていて)
65:香奈 :

2017/06/29 (Thu) 23:38:59

大丈夫だよ!その日、休みもらうから…
2人の試合も見に行きたいし!
絶対行く!あ、あとこれ…うちの連絡先ね?

(と、2人に渡すも来週が楽しみで)
64:総悟 :

2017/06/29 (Thu) 23:21:44



……

(と、総悟は他の客に料理を配りながらも親しげな3人の様子を見ていたが
…と、強く無意識にトレイを握っていて)


「なら、決まりだな!
直近だとよ、今週末とかどうだ? 丁度俺たちのダブルスの試合があるんだ」

「でも、香奈さんお忙しいでしょうし… それに、俺たちが住んでるとこ遠いから」
63:香奈 :

2017/06/28 (Wed) 23:35:18

2人とも、モテそうだけどね…

いいの…?
うん、行きたい!絶対、応援するね!
楽しみにしてるから、絶対勝ってね!
(と、笑顔でいて)
62:総悟 :

2017/06/28 (Wed) 23:30:58



「ファンなんてそんな…
ただ、僕たちのテニスを応援してくれる人たちはいますね」

「長次のやつなんて、女性ファンも多いよな」

「宍戸さん…;」

「そうだ…
もし良かったら、今度試合を見にくるか?」

(と、2人は柔らかい表情を浮かべ、香奈を誘っていて)
61:香奈 :

2017/06/28 (Wed) 23:17:43

2人とも、仲がいいんだー
じゃあ、ファンとか沢山いたりするの?
なんかキャーキャー言われてそう…

(と、アニメでもそうだったためか、そう話)

60:総悟 :

2017/06/28 (Wed) 23:14:10



「えっ?!お、おいなんだこれ!
おい誰だ、これ入れたのっ!」

(と、店長は1人焦っていたも 笑
宍戸と鳳はすぐ無くなったその料理にあまり気にしてなさそうでいて)

ちっ…

(と、総悟は全く店長に気付かれずにいたが
何ともない3人の様子に小さく舌打ちして)


「ん? あぁ… 俺たち、ガキの頃からテニスしてたからなぁ」

「昔は、よく2人で特訓しましたよね
ダブルスもよくしたし…」

「それは今もだろ?」

(と、2人はテニスのこととなると楽しそうに話しをしていて)
59:香奈 :

2017/06/27 (Tue) 23:25:13

……変えてもらお?
すみませーん!
料理にテニスボールとかいらないんで、普通の
持ってきてください!

(と、料理にテニスボールがあることに目を細め)

そーいえば、2人はテニスしたりするの?
58:総悟 :

2017/06/27 (Tue) 23:20:07



「そうなんですか?」

「まぁ… そんだけ有名で、若くして剣豪とくりゃあ人気も出るだろうな
若い女をはべらかして、楽しんでんのか」

「宍戸さん…;」

…はーい、オムライス1つとハンバーグ2つねー

(と、総悟は3人に気づかれないよう店員の変装をし、
でん!と料理を置いて 笑)


あ、オムライスとそっちのハンバーグには大サービス
テニスのボールがついてますー

後で洗って使ってください


「…; お、おいなんだこれっ!!」

(と、料理の上に見事にテニスボールがのっていたも
店員はいつの間にか姿を消していて 笑)
57:香奈 :

2017/06/27 (Tue) 23:03:42

そんな守られるのも嫌っ
さっきまでなんて、うちと他の女の人の態度が
違うんだよー?酷くない?

(と、香奈も少なからず嫉妬はしているようで 笑)
56:総悟 :

2017/06/27 (Tue) 22:59:42



「嫉妬ぉ?
なんだ… お前と沖田ってそういう仲なのか?」

「恋人同士なんですね…!」

(と、2人はビックリしたような様子でいたも
そこにツカツカと定員さんが3人のご飯を持って近づいていて)


「なら、安心じゃねぇか
そんな剣豪が彼氏ならいつでも守ってもらえてよ!」
55:香奈 :

2017/06/25 (Sun) 22:28:05

え…えっと…巡回してたけど、ちょっと総悟と
喧嘩したからぬけてきたの…

(と、言いにくそうにしながら目をそらし)

ま、向こうが勝手に嫉妬してるだけだけど
54:総悟 :

2017/06/25 (Sun) 22:02:53



「じゃあ、僕も香奈さんとおなじハンバーグにしようかな
。すみませーん、オムライス1つに、ハンバーグ2つ!」

「ところで、香奈… 警察が昼間っから1人で何してたんだ?
仕事してる風には見えなかったけどよ」

(と、宍戸は自分とぶつかった香奈の無防備さを思い出し不思議そうにしていて)
53:香奈 :

2017/06/25 (Sun) 20:22:41

……うちは…ハンバーグ!

(と、オムライスと悩んだが、オムライスはまた食べに
来ようと思い)

亮助君がオムライスで、長次君はどうする?
(と、聞いて)
52:総悟 :

2017/06/25 (Sun) 19:35:32



「じゃあ、とりあえず入ってみましょうか」

(と、鳳はニコっと微笑むもと店の扉を開き
中に入っていくが、総悟は総悟でそっとその様子を見ていて 笑)


「沖田さん… あんたさっきから何してるんだぃ?」

尾行捜索でさぁ…
仕事中なんで、邪魔しねぇでくだせぇ

(と、総悟は町の人に言っていたも、少し間を開け総悟も
店の中へと入って)



「んじゃ、俺はこのオムライスにするか…
おい、お前はどうする?」

(と、宍戸は席に着くと香奈に聞いて)
51:香奈 :

2017/06/25 (Sun) 17:53:28

ふふっ…優しいとこもあるけどね?

(と、最後は小さく言うも、洋食屋を見て)

とろとろオムライス…た、食べたいっ…
けど…
(ハンバーグもあるためか、ジッと見つめていて 笑)

迷う…亮助君と長次君は決まった?
50:総悟 :

2017/06/25 (Sun) 17:46:32



……

(と、総悟は香奈の言葉にげんなりするも
戻って来たらどうしてやろうかと悪い顔になっていて 笑)


「へーぇ、なんか殺気立ってんだな… お前の職場」

「女の子だし、大変なことも多いでしょうね」

(と、2人は少し同情していたも 笑
あるお店の前で立ち止まって)


「洋食屋… とろとろオムライス…
ここでいいか」
49:香奈 :

2017/06/25 (Sun) 16:17:59

あー…うん、知ってるけど…
ドSで、すぐ上司にバズーカー撃ったり、色々
大変な人だよ?
子供みたいだし!まぁ、うちも子供だけどね

(沖田がいないため、言いたい放題言って 笑)
48:総悟 :

2017/06/25 (Sun) 11:35:45



「あー、そいつだそいつ!
何かすげぇ奴みてぇじゃねぇか… いっぺん会ってみてぇもんだな」

「香奈さんは知ってますか?その、沖田さんのこと」

(と2人は総悟にかなり興味をもっていたも
総悟はその会話が耳に入り、電柱を背にしながらもか香奈がなんというか気になっていて)


…?
47:香奈 :

2017/06/25 (Sun) 11:14:14

そうなんだ…それってもしかして…
沖田総悟?

(と、沖田の名前を言うも、思い当たるのは
沖田しかおらず)

46:総悟 :

2017/06/25 (Sun) 11:09:34



……

(と、総悟は所々電柱や色んなところに隠れながら移動していたも
町の人たちは皆不審者を見るような目で総悟を見ていて 笑)


「真選組って… もしかして、あの真選組ですか?」

「俺たち、遠くの街から来たから真選組がどんななりかっていうのは知らねーんだよな。
確か、若くしてやり手の剣士がいたろ?

ほら、名前なんつったっけ…」

(と、真選組のことはもちろん知っていたのか
宍戸は誰かを思い出そうとしていて)
45:香奈 :

2017/06/25 (Sun) 10:43:22

ん?もしかして、亮助君と長次君て江戸の人
じゃない?
(自分の着てる服を見て知らない人がいると思うと
目を丸くし)

うちはね、警察!真選組って言うんだけどね
(と、話しだし)
44:総悟 :

2017/06/25 (Sun) 10:06:47



「なら、行きましょうか」

「そういえば… お前変わった格好してるな?」

(と、宍戸は不思議そうにしながら3人で移動していたも
総悟は…と、それを見送った後帰ろうとしたが

一度立ち止まり、やはり香奈の後を追って 笑)
43:香奈 :

2017/06/24 (Sat) 23:50:11

じゃあ…うちも、亮助君と長次君って呼ぶ!

(下の名前で呼んでくれる2人に合わせようとして)

ご飯?うん!食べる!一緒に食べよう!
丁度、お腹すいてて食べる人もいなかったんだー
(と、笑みを浮かべるも、沖田の存在は分からずにいて 笑)
42:総悟 :

2017/06/24 (Sat) 23:45:12



「はい!じゃあ、僕たちは香奈さんと呼べばいいかな」

「香奈でいいだろ

そういえば、ここで会ったのも何かの縁だ
丁度昼の時間だし、なんか一緒に食うか?」

(と、長次と亮助は香奈を誘っていたも
総悟は3人を見ながらその言葉に耳を疑って)


……あいつ、男2人に何をデレデレしてるんでぃ
41:香奈 :

2017/06/24 (Sat) 23:35:57

ふふっ、そうなんですね!
私は青空香奈と言います!

(と、2人の名前を聞くも少しは違うのかと思い)

宍戸君と鳳君って呼ぶね?
40:総悟 :

2017/06/24 (Sat) 23:28:58





(と、総悟は何故か電柱に隠れてしまいその様子を伺っていて 笑)

「そう!そうですよ!
どうしてご存知なんですか?」

「でも、ちょっと違うな… こいつは鳳長次だ
で、俺は宍戸亮助」

(と、名前は若干違ったも 笑
長次はニコっと笑って)

「あなたのお名前は?」
39:香奈 :

2017/06/24 (Sat) 10:26:21

そうなんですか?
良かったら案内しましょうか?

(と、話していたが、長太郎の言葉に笑みを浮かべ)

鳳、長太郎君ですよね!
(と、当たってるかはわからなかったが、そういい)

38:総悟 :

2017/06/24 (Sat) 08:17:11



「このあたりの人ですか?
実は僕たち、知り合いに会いにこの街に来たんですよ」

「俺の名前を知ってたのも不思議だけどな…」


(と2人は香奈と話していたも
総悟は何も言えず遠くから見るだけでいて)


「そうですね… ひょっとして僕の名前も知ってたりして」

(と、長太郎はニコニコしていて 笑)
37:香奈 :

2017/06/24 (Sat) 00:55:47

あ、ありがとう……//
(鳳と握手していたも、2人の身長の高さにドキドキ
していて)

36: :

2017/06/24 (Sat) 00:48:11


「…いや、いいんですよ
握手くらいなら… でも、僕なんかと握手しても
何にもなりませんよ」

(と、長太郎は屈託のない笑顔で手を差し出していたも
宍戸は不思議そうにし

総悟は唖然としていて)


……
35:香奈 :

2017/06/24 (Sat) 00:37:29

て、テレビをいつもみていて…そのっ……

(恋する女性の表情になるが、似ているだけと
分かっていたも俯き)

……いきなり、ごめんなさい……
(と、嫌われたくないため、謝り 笑)
34:長太郎 :

2017/06/24 (Sat) 00:25:13



「え…?」

(と、長太郎は突然の握手攻めに目を丸くしていて 笑)

「なんだ?こいつ…

どっかで会った事あるか?」


…あーー、
かったりー…

(と、総悟は先ほどの団子料金をすべて払い
道端を歩いていたも

そんな3人に出くわしてしまい 笑)


あ…

33:香奈 :

2017/06/24 (Sat) 00:22:09

………長太郎………君……?
(と、後ろから鳳の声が聞こえるも、紙とペンを
用意し)

あ、あ……握手してください!
(と、手を差し出して)
32:宍戸 :

2017/06/24 (Sat) 00:15:40



はぁ?


お前… なんで俺の名前知ってんだ?

(と、宍戸は香奈が宍戸といった事に不思議そうにしていたも
後ろの方から長身の男がかけてきて)

「宍戸さーん!

あれ? どうしたんですか?」

(と、その男も長太郎に激似だったも 笑
2人ともちゃんと着物を着ていて)


…いや、

こいつとぶつかっちまったんだけどよ…
なぜか俺の名前を知ってやがって…

「え…? 本当ですか?」
31:香奈 :

2017/06/23 (Fri) 23:59:37

っ、すみません、大丈夫……です…
(ぶつかった相手に謝るが相手を見た瞬間、
目を丸くして)

え?……宍戸さんっ?
30:総悟 :

2017/06/23 (Fri) 23:55:58



「…っおっと…


悪いな…っ 大丈夫だったか?」

(と、ぼー…としていた香奈に誰かがぶつかってしまうも
それは宍戸とよく顔の似た男の人で 笑)


「怪我はねぇか?」
29:香奈 :

2017/06/23 (Fri) 23:20:22

………はぁ…
(とぼとぼ歩きながらも、その足は吉原へ
向かっていて)

月詠さんに癒してもらお…
28:総悟 :

2017/06/23 (Fri) 23:11:55





(と、行ってしまった香奈を見ていたが
残った団子を見ていて)


…バーカ

(と、呟くも、宍戸に熱を上げている香奈を思い出すと面白くないのか舌打ちをして)


27:香奈 :

2017/06/22 (Thu) 23:37:05

………そーする
おじさん、これ!代金全部、総悟が払うって!
(と、団子に口を付けず立ち上がり)

今日は自分達で料理とかしてよ?
じゃ…

(と、沖田の態度に不満そうにしながらどこかへ
歩いて行って)
26:総悟 :

2017/06/22 (Thu) 23:15:41



さぁ…

その宍戸さんやらと一緒に行けばいいんじゃねぇですかぃ?
俺ぁ可愛い子ちゃん達と一緒にたわむれてきまさぁ

(と、総悟はやはり根に持ってるのか 笑
頼んだ団子を頬張りながら、香奈とは一度も目を合わさずにいて)
25:香奈 :

2017/06/22 (Thu) 23:04:07

そっ……
(沖田の言葉に頬を赤くしていたも、クスッと笑い)

団子食べたらハンバーグ食べにいこうね?
24: :

2017/06/22 (Thu) 22:56:21



ま… 太ったあんたでも、

好きなもんは好きだけどな

(と、何気なくさらっと言ってみせるも
ごめんとは決して言わない総悟で 笑)



…あ、俺あん団子1つ

(と店員に頼んで)
23:香奈 :

2017/06/22 (Thu) 00:57:23

……ごめんなさいって言えば一本あげるけど?

(太ると言われ、う…となるが、
隣に座る沖田を見て)

22:総悟 :

2017/06/22 (Thu) 00:36:26



ナンパ?
俺がいつナンパなんてしたんですかぃ?

さっきのはどっちかっていうと逆ナンって奴じゃねぇんですかぃ?

(と、香奈にとっては同じことだが、あっけらかんとした表情で
話していたも 笑
団子を持つ香奈の隣に同じように座って)


三本も食ったら太っちまうぜ?
21:香奈 :

2017/06/22 (Thu) 00:31:20

そうだよ、総悟のなんてないんだからっ
(ふいっ、と目を逸らし団子を待ち)

うち、待ってるからナンパでもしてくればー?
20:総悟 :

2017/06/22 (Thu) 00:18:37



…3つって、何ですかぃ?
まさか、1人で3本分食べるって魂胆じゃねぇでしょうねぃ

(と、総悟は、1人茶屋にてそれを購入しようとする香奈に後ろから話しかけて)

19:香奈 :

2017/06/22 (Thu) 00:15:47

………別に?
ただ、宍戸さんみたいな人に会わないかなーって!
周りを見てただけだけど?

(と、絶対わざとだ…と思いながら歩いていたが、
団子屋を見つけると、沖田に何も言わず、団子屋で
止まり)

醤油団子、三つくださーい!
18:総悟 :

2017/06/22 (Thu) 00:09:50



…たくさんお話ししたいのは山々なんですが
これから責務がありやすんで… またの機会に

そんじゃあ…御機嫌よう

(と、総悟はひらひらと手を振っていたも
女の人たちは喜んで総悟に答えていて 笑)


……あれ?どうしたんですかぃ?

様子、おかしくない?

(と総悟はわざとらしく先ほどの香奈と同様
先を歩きながら振り返り、不思議そうに聞いていて 笑)
17:香奈 :

2017/06/21 (Wed) 23:57:04

ふーん………

(不思議そうにしていたが、沖田が女子軍団と出くわし、
普段言わない言葉を女性達に言ってるのを
聞くも、不機嫌そうで)

………
16:総悟 :

2017/06/21 (Wed) 23:46:12



ちょっと必要になりやして

(と、総悟はそれだけ言っていたも 笑
見回りをする中で女子トークをする集団に出くわし)


「あ、沖田さん!」

「総悟くんおはよう! 相変わらず忙しそうね?」

おはようございますおねぇさん方

朝早いのに… 今日もお綺麗ですねぃ

「キャーー!総悟くんったら!」

(と、総悟よりも少し年上なのか、女の人たちは総悟の言葉に黄色い歓声を上げていて)
15:香奈 :

2017/06/21 (Wed) 23:40:17

毒なんて持ってたら嫌な女じゃんって……あれ?
買うの?

(まさかテニプリを買うと思ってなかったのか、
目を丸くし)

それ、読むの?
14:総悟 :

2017/06/21 (Wed) 23:29:34



やめときなせぇ…
女は素直過ぎてもつまらねぇ… ある程度毒を持っておいた方がいいんでさぁ

すいやせーん、これ一部ください

(と、総悟は香奈に冷たい口調で話していたも
一度も目を合わせる事なく
その店で漫画を一冊買うと、再び何事もなかったように見回りを始めて)
13:香奈 :

2017/06/21 (Wed) 23:25:17

ね、ね!かっこいいよね!
うち、宍戸さんのお嫁さんになったら、毎日
素直で優しい香奈ちゃんでいれる!

(と、テニプリを読み出し、嫉妬してる?であろう
沖田にそう話)

12:総悟 :

2017/06/21 (Wed) 23:18:21



何を勘違いしてんでさぁ
嫉妬って何?たべもの?

(と、総悟は横に並んだ香奈の方を見向きもしなかったが
横の本屋に陳列されたその漫画を手にとって)


へー…… なかなかのイケメンじゃねぇか

(と、総悟は普通にテニプリを読みはじめて 笑)
11:香奈 :

2017/06/21 (Wed) 23:04:24

……もしかして、嫉妬?

(ずっと歩いていたが、無言の沖田に苦笑いするが、
沖田の横に並び)

手、繋ぐ?
(と、聞いて見て 笑)
10:総悟 :

2017/06/21 (Wed) 22:56:50



…あ、そーー

(と、総悟は興味なさそうに香奈に背を向けたまま話していたも前を歩き始め見回りしだして)


……


(と、総悟はいつもと違い、そのまま何も言わずにポッケに手を入れ
しばらく無言で歩いていて)
9:香奈 :

2017/06/20 (Tue) 23:44:21

ん?うん、強いよ!足も速いしかっこいいんだ!

(香奈も靴をはきながら立ち上がり)

うち、ここに宍戸さんがいたら絶対惚れてる
8:総悟 :

2017/06/20 (Tue) 23:36:29



……哀れな女の末路ですねぃ

(と、総悟はテレビにかじりつく香奈のその光景を見ながら
ボソ…と呟くも 笑
宍戸の姿に面白い気はしなく)


……あの人は、強いのかぃ?
とてもそんな風には見えねぇが…

(と、総悟は正門に来るとはきものをはきながら
そこが基準なのか聞いていて)
7:香奈 :

2017/06/20 (Tue) 00:16:49

……うち、一応女中なんだけど…

(停止させられ、不満そうだが、テレビ画面停止が
宍戸で)

宍戸さんっ、帰ってきたらちゃんと見るからねっ

(と、テレビにそう話すと沖田の後へついていき 笑)
6:総悟 :

2017/06/20 (Tue) 00:12:42



だから、それは正気に戻ってからの話だろーが
人間… シャイな奴ほどむっつりな奴はいやせんぜぃ?

(と、一瞬むっとした表情を浮かべたもすぐ涼しげな表情に戻り
ピッとその画面を停止してしまい 笑)


さて… 仕事でぃ
早く正面門にきな

(と、見回りに出かけるのか香奈に背を向けて)

5:香奈 :

2017/06/19 (Mon) 23:57:11

宍戸さんは、すっごく努力家なの!
シャイなの!後輩思いで優しいんだからっ
どっかの誰かさんみたいに部下に当たらないし?

(宍戸の事を悪く言われ、ムッとするも言い返し、
一時停止していて)

4:総悟 :

2017/06/19 (Mon) 23:51:11





なるほどね… テニプリ
こいつのどこがいいんだよ

高飛車でプライド高くて一度地獄を見てやっと正気に戻ったこいつの…

(と、総悟はひどく宍戸の事を言っていて 笑)
3:香奈 :

2017/06/19 (Mon) 23:36:41

ん?テニプリ……今、宍戸がね髪切っちゃうとこ

(と、真剣に見ていて)

宍戸ってやっぱり髪切った方がかっこいいよね
長太郎も、もちろんかっこいいし、優しいんだけど
2: :

2017/06/19 (Mon) 23:32:50





(と、総悟はそんな香奈を後ろから見ていたも
何ともないような顔でいて 笑)


…なに真剣な顔してテレビ見てるんですかぃ?

  • 名前: E-mail(省略可):

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.